シースリー 途中解約

電話でも可能!シースリーの途中解約と返金について

 

全身脱毛専門サロンのシースリーは

 

低価格なのに高品質な脱毛が受けられると人気ですが、

 

中には通えなくなったり、

 

肌に合わなかったりなどの理由で解約をしたい人もいますね。

 

もし解約をするとき、どのように解約をすればよいのか、

 

返金制度などがあるのか、解約に関する情報を調べてみました!

 

 

■シースリーの解約方法は?

 

色々な理由でシースリーを解約しなくてはならない時があります。

 

シースリーは途中解約ができるのか調べてみたところ、

 

 

 

 

いつでも解約OKとのことです!

 

 

 

もちろん解約に条件もないので、

 

 

 

自由に解約することができますよ。

 

 

 

 

ちなみに解約は契約した店舗または、

 

シースリーのコールセンターに電話することで手続きが可能とのこと。

 

なかなか店舗へ行ける状態でなければ、

 

電話から気軽に解約できるのは嬉しいですね。

 

一方、店舗での解約では印鑑や通帳などを用意する必要があるので、

 

解約前にお店へ電話して解約の意思を伝え、

 

必要な物を聞いておくとよいでしょう。

 

また、解約手続きはすぐに完了するわけではないようなので、

 

解約を予定する1ヶ月前に伝えた方がいいみたいです。

 

 

■シースリーに返金制度と違約金はある?

 

解約で気になるのは行っていない脱毛回数分の返金があるのか、

 

解約に違約金が発生するのかどうかですよね…。

 

シースリーには月額制と回数パック制がありますが、

 

月額制は解約した時点で支払いが止まるので、

 

返金はほぼないといった感じです。

 

一方、回数パック制は回数が残っているなら、

 

その分は返金されるので安心です。

 

 

 

 

また、シースリーでは解約での違約金は発生しませんが解約手数料が発生します。

 

 

 

月額制なら2万円、回数パック制では返金額の10%の解約手数料が発生してしまうので、

 

 

 

その点は理解しておきましょう。

 

 

 

 

また、回数パック制の解約手数料は上限が2万円となっているので、

 

それ以上の金額はかからないようです。

 

 

 

 

ただ、気を付けて欲しいのは、施術を行っていた場合に関しては、

 

 

 

当然施術をした料金は支払わないといけません。

 

 

 

なので、「最大で二万円しか払わなくていいのかー」ではなくて、

 

 

 

 

【施術をした回数分の金額+解約手数料(上限2万)】

 

 

 

 

こちらが解約する際に必要になってくる金額になるわけですねー!

 

 

■8日以内ならクーリングオフ制度がある

 

違約金もなしで料金も発生しないクーリングオフ制度を使えますよ!

 

ただし、この制度には少し条件があります。

 

・契約書を受け取ってから8日以内の解約
・契約期間が1ヶ月以上
・契約した総額が5万円以上

 

この3つの条件をクリアすれば、契約破棄が可能のようです。

 

クーリングオフは書面で手続きが必要となり、

 

さらに送り先は店舗ではないので、

 

契約書面に書かれた内容はしっかりチェックしましょうね。

 

 

■解約方法を調べてみて解ったこと

 

シースリーは違約金や条件なしで解約することができます。

 

返金はコースによってことなり、

 

また違約金のかわりに約2万円の解約手数料が発生することは、

 

しっかり理解したいところですね。

 

もし通ってみて合わないようならクーリングオフを活用することも

 

損を出さないポイントとなるでしょう。

 

そのためにも、無料カウンセリングを受けたときになど、

 

詳しく説明をしてくれる場面があります!

 

聞きにくい事かもしれませんが、

 

とても丁寧に受け答えしてくださるので、

 

気になったことはどんどん聞いちゃいましょう!

 

もちろん、解約以外の事でも、とにかく気になったことは、

 

無料カウンセリングでどんどん聞いてしまった方が得ですよ!